フィレンツェで
2018年01月19日 10:35


旧年中は格別のお引き立てを賜り、深く御礼申し上げます。 
本年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い致します。



~TIP ZONEオンラインストア~

商品のお問い合わせはこちら!!





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
浦和伊勢丹 期間限定ショップ!!
場所:埼玉県 伊勢丹百貨店 浦和店 2階 ステージ#2 
日程:1月24日(水)~1月30日(火)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
松江 一畑百貨店 期間限定ショップ!!
場所:島根県 一畑百貨店 松江店 7階 催会場(神戸セレクション)
日程:2月8日(木)~2月13日(火)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
立川 伊勢丹 期間限定ショップ!!
場所:東京都 伊勢丹百貨店 立川店 2階 イベントスペース
日程:2月14日(水)~2月19日(月)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
浜松 遠鉄百貨店 期間限定ショップ!!
場所:静岡県 遠鉄百貨店 浜松店 2階 イベントスペース
日程:2月21日(水)~2月27日(火)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
いよてつ 髙島屋 期間限定ショップ!!
場所:愛媛県 いよてつ髙島屋百貨店 松山本店 7階 催会場
日程:2月28日(水)~3月6日(火)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


s-IMG_0250.jpg
2018年、初ブログとなります。
今年もよろしくお願いいたします。

年始からたくさんのお客様にご来店いただき、誠にありがとうございます。
私は広島 福屋百貨店でのイベントで神戸を離れておりましたが、広島でも本当にたくさんのお客様にお越しいただいておりました。
もう、福屋百貨店とは7,8年のお付き合いですね。お客様のお顔もたくさん覚えました。
感謝感謝です。




s-IMG_0316.jpg
私たちTIP ZONEの鞄、革小物たちは、自社工房の神戸で生まれます。
そして革製品の本場である、イタリア フィレンツェでも製造しております。
伝統の鞣しに、経験豊富な高い縫製技術。
工場をご紹介いただき10年以上のお付き合いになりました。
年に1,2回、ここフィレンツェでがっつりと新製品の打ち合わせに訪れます。




s-IMG_0145.jpg
広島イベントを終え、休みなしでそのままフィレンツェへ。
疲れた体はこのフィレンツェの空気に触れると不思議と回復。
そして工房のミシン、イタリアの革、何よりTIP ZONEの製品を作っていただいている職人さんにお会いするとエンジンが掛かります。



↑ 上の写真は力作のヌバックリュック。革の在庫切れで残念ながらもう作れない、と言われておりましたが数本作れるとのこと。






s-IMG_0148.jpg
この革はもうご存知でしょうか。触れて、触っていただくと、必ず感じれます。
これも力作の極上ベビーカーフのボストンバッグ。
(写真は小サイズ:黒)
傷にも強く、イタリアンレザーのエージングも楽しめる。
さらに雨にも強いですが、一番は革とは思えない軽さが魅力です。

年明けにようやく入荷いたしました。
しかし、今回のイタリアでショックなことが・・・。
とんでもなく高い革なのに、さらに値上げせざるを得ないかも・・・。







s-IMG_0157.jpg
そして、新作のこいつ。
先ほどのベビーカーフで作ったリュックです。
何回も繰り返したデザイン、断念しそうになった鞄です。
本当に苦労しましたが良いのが出来ましたよ。

問題は価格です・・。







s-IMG_0220.jpg
今回は新しいタンナーを訪問。
革が生まれるまでのほぼ全行程を見学させていただきました。
日本でもタンナーは決して珍しくもなく、特に地元 兵庫の姫路は日本一。
私も何度か鞣しの行程見学は経験ありますが、びっくりするくらいクリーンな感じ。





s-IMG_0227.jpg
牛脂。太鼓(ドラム)に入れ、トリートメントみたいなもの。





s-IMG_0233.jpg
伝統を継承させながら、新しい技術も取り入れて・・。
特に最近のイタリアは伝統鞣しの強化をしてるとのこと。






s-IMG_0237.jpg
色の調合、そして染色。染め方もいろんな方法があります。
昔は匂いが強烈でしたが、ここはほとんど無い。

ここのタンナーの職人さんたちは、必ず笑顔で答えてくれる。
「俺の仕事を見てくれ!」
一人一人の背中が本当にかっこいい・・。









s-IMG_0131.jpg
そして、お世話になっております工房。
土日のお休みはいつも決まった場所にニャンコが遊びに来てる。


食材を育て、それを調理、プレートに盛り付けし、お客様に出す。

鞄が生まれるまでの行程はレストランと変わらない。
材料である「革」には一つ一つに想いが込められ、それを大事に縫製され形になる。

生まれてくる鞄、革小物たちにはたくさんの想いが詰まっております。
それをしっかりとお客様にお伝えし、より永く愛用していただけるよう努めたいと思います。


ご挨拶trackback(0)
△ home ▽